糖質制限ダイエットとは?その内容と注意点

糖質制限ダイエットとは?その内容と注意点

手軽にカロリーカットすることができる糖質制限ダイエットが注目を集めています。

糖質は甘いものや炭水化物に多く含まれており、高カロリーで体に吸収しやすいという特徴があるため摂取しすぎるとあっという間にエネルギーとなり余分な分が脂肪になってしまいます。

脳の機能をアップさせたり運動のパフォーマンスをアップさせたりするための栄養補給としては必要不可欠なものですが、過剰摂取は体に様々な悪影響を及ぼします。

血糖値の上昇による糖尿病や肥満がそれにあたります。ですので、糖質の摂取を制限してカロリーカットすることでダイエットに役立てることができます。

糖質制限ダイエットに取り組む際の注意点

糖質制限ダイエットの内容についてですが、甘いものや炭水化物などの糖質をたくさん含む食べ物の摂取を制限して、野菜や果物や肉類や魚介類や大豆製品や乳製品や卵や海藻類などの食べ物で栄養を補給するというものです。

甘いものや炭水化物を控えることで血糖値の急激な上昇を抑えることができ、脂肪に変換しやすい糖質を制限して効果的なダイエットに結び付けます。

注意点としては、低血糖に陥らないように気をつけるということです。食事と食事の間が空いてしまったり朝食を抜いてしまったりすると血糖値が極端に下がってしまって低血糖となることがあります。

低血糖の状態が続くと、痙攣、頻脈、発汗、集中力の低下、眠気、頭痛、動悸などの症状があらわれることがあります。このような症状があらわれた場合は直ちに病院を受診してきちんとした検査や治療を受ける必要があります。

そうならないように気をつけるべきことは、1日3食~5食程度の食事を規則正しく摂取するということ、朝食はしっかりと摂取すること、食事と食事の間が空いてしまったときは飴を舐めたり飲み物を飲んだりして血糖値を極端に下げないということです。

血糖値に対する意識を高く持って糖質制限をするということが注意点となります。

食べる順番を変えることでも一定のダイエット効果が期待できる

しかし、甘いものや炭水化物が大好物であるという人にとって糖質制限はとてもつらいものです。そんな人におすすめなのが、食事における食べる順番を意識して血糖値の急激な上昇を抑制するという方法です。

甘いものや炭水化物を食べる前に、野菜や果物や大豆製品や海藻類などの食物繊維を豊富に含む食べ物を食べておくと、糖質の吸収を緩やかにさせることができます。

積極的に取り組んでカロリーカットに役立てましょう。そして、運動も重要になります。

血糖値の上昇は食後30分がピークとなります。ですので、そのタイミングを狙って体を動かすことで血糖値を下げることができます。

内容や注意点をきちんと把握して効果的に糖質制限ダイエットを行いましょう。